FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続き排卵障害について述べます。

①視床下部の問題
②下垂体の問題
③卵巣の問題
④卵胞膜の問題

上記4つの問題によって排卵障害が
起きるという内容でここのところ
続けて述べています。

今回は④卵胞膜の問題について述べます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)という病態があります。

卵胞膜が硬くなって排卵出来ない状態です。

ある程度大きくなって排卵出来ない卵胞が
数珠玉のように繋がった状態になって
卵巣の中に沢山存在する状態になっています。
「ネックレスサイン」

排卵出来ていない状態のために排卵させるための
ホルモンであるLHの値が高値になっています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の人の特徴的な
症状として・・・


①生理が時々来ない、生理周期が長い(35日以上)
②しばらく来なかった生理が来ると、出血量が多い。
③ニキビが多い(顔、背中、胸にもニキビがある)
④顔や手足の指、背中などの体毛が濃い。
⑤家族に糖尿病の人が多い。
⑥いぼができやすい。(脇、首回り、股間や性器)
⑦油っぽくテカル肌。肥満気味、お腹周りに脂肪が多い。
⑧フケが多い、抜け毛が多い。

上記のような症状の発現が見られます。

では・・・どうして多嚢胞性卵巣の状態になるのか?

卵胞膜や卵巣の殻が硬く肥厚しているために
排卵出来ないのですが・・・

この状態は漢方的に考察しますと・・・
痰湿や瘀血が卵巣に固着していると
捉えることが出来ます。

動脈硬化を起こした血管内部の状態をイメージすると
分かりやすいかもしれません。

べたべたした油っぽい汚れがたまっていたり
血の塊が詰まっていたりしているということです。

さらさらしていなくてベタベタして硬くなって
肥厚していくということになります。

このような状態になりますと・・・
殻が硬くなっていますから排卵困難となります。

上記①~⑧の症状も・・・
まさしくこのような体質に現れる症状ばかりです。

卵巣だけでなくて身体内部にあぶらっぽい汚れが貯留停滞
しているために・・・肌が油っぽくべたつきます。

そしてこういうタイプの肌はニキビが多発しやすくなります。
顔だけでなくて胸部や背中にもニキビが出来ます。
毛穴が油汚れで詰まっているのでニキビが化膿しやすいです。

イボは痰湿の塊です。

油っぽくべたついたフケが多くなります。
そして髪の毛の毛穴が油汚れで詰まるので、髪の毛への
栄養供給が悪くなって抜け毛が増えます。

血液が脂っぽく汚れて血流が悪くなるために・・・
生理がきちんと周期的に来なくて遅れ気味になります。

そして・・・べたべたしたおりものが増える傾向にも
なります。

さらには・・・

精神的にストレスが強くて、イライラしたり怒りっぽい
または不安感が強いうつっぽくなるなどの症状が
現れるひともあります。

この状態は肝気鬱結です。
気の動きが鬱滞しているために、血流や水などの動きが
悪くなります。

このような状態が卵巣にも及んでいる場合があります。

そして・・・

体が疲れやすくてパワー不足のために
気・血・水 の動きを促進させることができない。

体が冷えていて、気血津液が寒凝固を起している。
冷え固まってしまって動かない。

上記のような病態となっているために

卵胞の周りに痰湿汚れ、湿熱汚れ、瘀血汚れ、寒凝固汚れ
などが貯留停滞して卵胞膜が硬くなってしまって排卵出来ない
というのが多嚢胞性卵巣症候群(PCO)です。

漢方的アプローチとして・・・

痰湿、湿熱、瘀血、寒凝固などで固まって
貯留停滞している種々の汚れを除去する

気鬱を発散させる

動きを活性化させるためにパワーを増強させる。
冷え固まりが強い場合は陽気を補充する

など多嚢胞性卵巣症候群(PCO)を引き起こしている
原因を分析し見極めて対応したアプローチをします。
スポンサーサイト
14

卵巣がしっかり働いて卵胞を大きく成長させ正常に排卵させるためには・・・腎精が充足していることは必須です。そして脳から送られてくるホルモン情報の伝達に問題がないことも必須です。腎精を充足させるためには後天の精の補充が欠かせません。後天の精をしっかり補充するためには脾胃の働きがしっかりしていることが必要です。ホルモン情報の伝達に問題がある原因は精神的ストレスが溜まる=気血の流通が止まる→ホルモン情報がしっかり伝達されない。それから血液やリンパ液が汚れてよどんで流れが悪い状態になるとホルモン情報伝達に問題が生じます。血液やリンパ液を汚す原因は毎日の飲食生活の偏りです。こってり濃厚なものの摂取が多いと血液やリンパ液がドロドロ汚れてしまいます。漢方的アプローチとしては、①腎精の補充②気血の補充③脾胃の働きを活性化させて後天の精の生成力を強くする④精神的ストレスの開放(肝気鬱結の開放)⑤血液やリンパ液の汚れを除去する(食滞・痰湿・瘀血の除去)身体の陽気のパワーが弱くて冷える傾向にある場合は、陽気補充、身体で炎症が起こっていて熱っぽい場合は、清熱して炎症をとる・・・などお一人お一人の身体状況を見極めてしっかり排卵できるようにアプローチします。


排卵障害が起きる原因として・・・

①視床下部の問題
②下垂体の問題
③卵巣の問題
④卵胞膜の問題

以上4つの問題が考えられます。

①②についてはすでに述べています。

今回は③卵巣の問題について述べます。

漢方的にとらえると卵巣は腎の一部です。

ですから・・・

①視床下部②下垂体 と同じく

腎精が充足していないと卵巣は正常に
機能することが出来なくなります。

腎は生長・発育・生殖に直接的に大きく
作用を及ぼす臓器ですから・・・

腎の働きに活力があるかないかは
しっかり排卵できるか否かに強く
関わっています。

卵巣がしっかりと卵胞を育てて排卵を
起こすことためには腎精の充実が必須です。

排卵が起こる流れを再考してみます。

月経直前になると
視床下部からGnRH
(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌され

その命令を受けて脳下垂体は
FSH(卵胞刺激ホルモン)を分泌します。

卵巣がFSHの命令を受け止めると
卵巣の中で卵胞が発育成熟します。

そして卵胞からエストロゲン(卵胞ホルモン)が
分泌されます。


卵胞が大きく成長して約20㎜になり
エストロゲン分泌がある程度以上に増えると

それを視床下部が感知して、
下垂体に命令ホルモンを送りLH(黄体形成ホルモン)が
いっきに大量分泌されます。

これをLHサージと言います。

LHサージ指令によって卵胞膜が破れて
卵子が卵巣から飛び出します。
これが排卵です。

排卵後の卵胞は見た目の色も黄色の黄体に変り
黄体からはプロゲステロンが分泌されます。

※FSHの分泌やLHは常にある程度分泌されています。
生理周期の変化によって分泌されるバランスが変わります。

※エストロゲンやプロゲステロンは常に分泌されています。
生理周期の変化によって分泌されるバランスが変わります。

エストロゲンの分泌によって子宮内膜がどんどん増殖して
分厚くなってゆきます。

プロゲステロンの分泌によって子宮内膜の増殖は抑えられ
栄養分の分泌が増えます。ふかふか柔らかい状態になります。
子宮内膜が着床しやすい状態になるということです。

エストロゲンは体温を下げますので・・・
エストロゲン中心に分泌されている時期は低温期になります。

プロゲステロンは体温を上げますので
プロゲステロンがたくさん分泌されている時期は高温期になります。

以上のような流れで排卵が起こります。

そして子宮内膜の状態も変化します。

低温期から高温期へと変化します。

視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)へとホルモン分泌連携が
順調にゆくことによって上記の周期変化が起こります。

そこで・・・

何度も述べますが、腎精が充足していないと各ホルモンが
しっかり分泌されません。

そして気血という栄養も必要です。

腎精を充足させるためには、脾胃がしっかり働いて
後天の精を産生してそれを腎に送り腎精を膨らませる
ことが必須です。

そして次に大切なのは・・・

各組織の連携です。

各組織から各ホルモンがしっかり分泌されて
命令ホルモンの情報がしっかり伝達される必要があります。

ホルモンは血液やリンパ液の流れにのって
全身をかけめぐり情報を伝達します。

したがいまして・・・

ホルモン命令がしっかり伝達されるためには・・・

血液やリンパ液が滞りなくスムーズに流れる必要があります。

ホルモン分泌に問題がなくても・・・

血液やリンパ液の流通が悪い状態ですとホルモンの命令が
しっかり伝達されません。

こうなると各組織がしっかりとした仕事が出来なくなります。

こういう状態になりますと排卵がしっかり出来ないような
場合も起こりえます。

ホルモン伝達に異常が生じるのはどんな時でしょう?

それは・・・

一つは・・・
精神的ストレスが過剰になったときです。

ストレスが溜まると言いますが・・・
溜まる=止まるということです。

ストレスが溜まりますと・・・
血液の流れやリンパの流れが滞ってしまい
ホルモン情報の伝達に異常が起こります。

ストレスがたまった状態を肝気鬱結と言います。

肝鬱気滞とも言います。

気の動きが滞った状態になるわけです。

気の動きが滞りますと・・・

気のパワーで動く血液やリンパ液の
流れも滞る状態になります。

こうなりますとホルモン情報の伝達が
しっかり出来ない状態になるわけです。

現代は、女性も社会に出て仕事されているという
方が多いですので・・・

精神的緊張を強いられたり、人間関係でストレスが
溜まったりということが増えていると思います。

ですので・・・

本来ならば妊活のためには家にいてリラックスして
ゆったりと時間を過ごす方が良いわけです。

二つ目には・・・
血液やリンパ液が汚れてドロドロしていて流れが
よどんでいる状態です。

こういう状態になっていますと・・・

当然ホルモン情報は伝達されにくくなります。

血液やリンパ液を汚す原因は・・・
毎日の食生活が偏っている場合です。

ベタベタねっとりしたようなものを過食していますと
血液やリンパ液はどろどろ流れの悪い状態になります。

ベタベタねっとりしたものとは・・・
チョコレートやケーキ類、菓子パン、アイスクリーム
唐揚げや天ぷら焼肉などです。

女性は、チョコレートやケーキ類、菓子パンなどが
大好きな人が多いですね。

お茶して、お菓子をつまんで、ランチでコーヒーとか
こういうパターンになってますと血液やリンパ液を
汚す傾向が強くなりますので注意が必要です。

以上を簡潔にまとめますと・・・

卵巣がしっかり本来の働きをするためには
腎精の充足は必須です。

そして脳から送られてくるホルモン情報の伝達が
スムーズであることも必要なことです。

漢方的アプローチは・・・

腎精を充足させる
気血を充足させる
脾胃の働きを強化する

ストレスを発散させる
(肝気鬱結の開放)

血液やリンパ液の汚れを除去して
サラサラと流れるようにする。
(食滞、痰湿、瘀血の除去)

身体を温める機能が低下している人では
陽気を補充する

身体が炎症を起こしていて熱っぽい人では
清熱して炎症をとる

など一人一人の状態に適合させて
排卵がしっかり出来る状態に導きます。
正常にしっかり排卵をさせるためには・・・

間脳の視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)へと
ホルモン指令が次々に届けられてそれぞれの
部位がするべき役割をきちんとできる
という状態になっていることが必須です。

上記の流れのどこかに異常が発生した場合に
排卵障害が起きるということになります。

以上の内容でここのところ続けて述べています。

それで・・・

脳は髄がたくさん集まって出来てるので
「髄海」と言われています。

「蔵精」の役割を持つのが腎であって・・・
腎精から髄が産生されます。

そして髄は骨を滋養しています。
髄によってしっかり滋養されると骨は
丈夫になります。

腎精が虚してしまうと、骨髄の状態が悪くなり
骨の栄養不足状態が発生して骨が弱くなります。

腎精が不足消耗した状態ですと・・・

髄海である脳の栄養状態も悪くなりますので・・・

例えば・・・
産後うつなどの問題が起こります。
最近、ちょこちょことこのような状態が
散見されます。

出産は・・・腎精を新しい生命にバトンタッチ
する作業でもあります。

あかちゃんはお母さんの腎精をたっぷりもらって
生まれてきます。(お父さんの腎精ももらいます)

ということは・・・

お母さんは、自分の持ってる腎精を赤ちゃん与える
わけですので、お母さんの腎精は減ります。(消耗します)

気分的に元気が出ない。
待望の赤ちゃんが生まれたのに感動がない。
うれしく感じない。
不安感が強い。
頭が空虚でふらふらする
疲れているのによく眠れない

産後に歯がゆらゆら弱くなった。

髪が抜けやすくなった。
髪のパサパサして色つやが悪くなった。
髪のはりこしがなくなった。

目が疲れやすくなった。
目がチカチカしてまぶしい

爪が割れやすくなった。

お肌の色つやが悪くなった。

足腰が弱くなった。
(腰痛がおこりやすい)

耳鳴りがする、耳が聞こえにくい

排尿に力がない(ちょろちょろとしか出ない)

などの症状がすべてではなくても
起こることがちょくちょくあります。

このような諸症状は、出産による腎精の消耗が
原因になって起こります。

そして・・・

産後からはすぐに授乳子育てが始まります。
これもお母さんには負担のかかる仕事です。

夜何度も起きて授乳して・・・
赤ちゃんが泣いたらお世話をして・・・
おむつを替えたりと・・・
休む間がない状態が続きます。

こういう状態があると、さらに
腎精が消耗します。

お母さんの仕事は大変です。
でもそれが幸せでもあるのですが。

歯は「骨余」と言われています。
腎精が消耗して骨髄の状態が悪くなると
歯が弱くなります。

骨が弱りますから腰痛が起こりやすくなる
場合もあります。

精血同源の関係から・・・・

腎精が消耗しますと、血も消耗します。

血が消耗しますと「血余」である髪に影響が出ます。
抜け毛、髪のはりこし弾力がなくなる など

精が消耗してさらに血が消耗しますと目の疲れが
強くなります。まぶしくてチカチカするなどの状態
になります。

血は筋肉の栄養でもありますので、
こむら返りがおこりやすくなる
筋の延長である爪が弱くなる

精血でしっかり脳を栄養できないと
めまいやふらつきなども発生します。

排尿以上や耳の異常なども腎精の消耗によって
発生します。

閉経後に起こりやすいと言われている
「骨粗しょう症」も腎精が減っていることが
根本原因です。エストロゲンの低下はイコール
腎精の消耗不足です。

ということで・・・

腎精というものがとても大切な働きをしている
ということがお分かりいただけたかと思います。

妊活にとって・・・
腎精を活性化させることは最重要なことです。
正常に排卵させるためには腎精の充足は最も
必要なことです。

妊活だけでなくて・・・

妊娠出産後にも腎精が大切な働きをします。

出産することは、腎精を分け与えること
ですから、分け与えた後にしっかり腎精を
取り戻さなければなりません。

ここがしっかり出来ていないと・・・
上記に取り上げたような種々の困った症状が
発生することになります。

妊活~妊娠~出産~授乳子育て

この流れがしっかり出来るためには
腎精を充足させておくことはとても大切な
ことなのです。
すごいアーティストを発見。
もちろんユーチューブで・・・

Tash Sultana 

オーストリアのアーティストのようです。

女性1人で次々に音を重ねていくという手法で
(種々の電気機器を使用してる)
足タッチ足タッチ・・・

ギター、ベース、ボーカル
パーカッション(口パーカッションもあり)
などなど

今までにないパターンのパフォーマンスです。

で・・・技巧もうまいし、歌もうまいし
リズム感もばっちりで・・・のりが良い

女性にありがちなルックス頼みじゃない
すごいですね。。。

タトゥーがまたすごいね。

まいりました~~すごい。

女性ファンがたくさんいるようです。
うなずけますね。

そしてストリートパフォーマンスがすごい。









妊娠するためには正常に排卵していることが
必須条件になります。

そして排卵は・・・

間脳の視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)へと
ホルモン分泌連携がうまくゆくことによって
正常に排卵が起こります。

正常に排卵しない・・・
すなわち排卵障害が起こる原因として

上記のホルン分泌連携のどこかに問題が
生じると正常に排卵出来ない状態になります。

①視床下部の問題
②下垂体の問題
③卵巣の問題
④卵胞膜の問題

以上4つのポイントが排卵障害の原因となります。

そして・・・

前回は①視床下部の問題と②下垂体の問題について
述べました。

視床下部や下垂体がしっかり機能してホルモンが
問題なく分泌連携されるためには・・・

腎精がしっかり充足していることが大切です。

精から髄が生じて、髄は骨の中にあって
骨は髄によって滋養されています。

そして髄の海=「髄海」が脳です。

ですから・・・

視床下部や下垂体がしっかり機能するための
根本的な根源は腎精がしっかり充足していることが
最も大切です。

そして・・・

腎精を充足させるためには、先天の精に後天の精を
しっかり補給してゆくことが欠かせません。

持って生まれた先天の精・・・
これは両親からもらって引き継いだものです。

オギャーと生まれた後は飲食物の摂取して
そこから後天の精を生成します。

そして先天の精に後天の精を絶え間なく供給することで
腎精を充足させるのです。

ですから飲食物の摂取はとても大切です。

摂取する飲食物の内容が最も大切です。
良質の後天の精を産生できるような飲食物を
摂取することが大切です。

そして・・・

胃腸がしっかり働いてくれることも大切です。

消化吸収が良好に行われて、そこから気血精を
産生させるということになります。

胃腸がしっかり機能して消化吸収が出来なければ
気血精を産生させることができなくなります。

ですので・・・

毎日摂取する飲食物の内容が大切であること
そして胃腸が元気に働いてくれて消化吸収が
問題なくおこなわれていることが大切である
ということです。

ここがしっかり出来ていますと・・・

後天の精が産生されて腎精をしっかり充足させる
ことが出来ます。

そしてさらには・・・

「精血同源」という考え方があります。

精と血は互いに養いあう関係にあるので
精が多ければ血もしっかり充足されます。

子宮内膜は・・・
血液で満しっかりたされていないと受精卵を着床させて
そしてすくすく育ててゆくことが出来ません。
受精卵の着床、そして発育にとって血の充足が
大切であるということです。

ですので・・・

腎精が充足していることは、視床下部や下垂体の
機能活性によってホルモン分泌連携がしっかり
出来て・・・正常に排卵する

ということと・・・さらに

精の充足は血もしっかり旺盛にさせることが
出来るので子宮内膜の栄養状態を良くする
という意味でも大切なことということです。

また・・・

血の充足は肝の疎泄作用の活性化にも役立ちます
ので・・・

ホルモン分泌の連携をスムーズにさせるという
意味においても血の充足は役立ちます。

すなわち・・・

脾(胃腸)の働きが良くて
毎日の飲食物の内容が良くて
その結果、良質の気血精が産生されて

腎精がしっかり充足されて

という流れになり

腎精がしっかり充足されていると
血が旺盛になる。

脾(胃腸)がしっかり機能することでも
気血の生成は活性化されますので
それによって気血が充足されます。

以上のような良い循環になっていますと

視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)への
ホルモン分泌連携が活性化されますので
正常にしっかり排卵することが出来ます。

排卵障害とは無縁になるということです。

排卵障害が起こっている人では

漢方的アプローチとして・・・

脾(胃腸)の働きの活性化
消化吸収を助ける

腎精の補充
気血の補充

肝の疎泄をスムーズにさせる
などの介入をして

排卵が正常に出来るように策を練ります。

そして毎日摂取する飲食物の内容の
見直しも必須となります。
プロフィール

桜の気の下で

Author:桜の気の下で
兵庫県たつの市神岡町にて漢方専門薬局を開いています。
(そうめん資料館)そうめんの里のすぐ近くです。
さくら薬局
℡0791-65-2107
マウスオン→ 




さくら薬局ホームページへ移動する

カテゴリ
最新記事
かわいい「ハムちゃん」
上の窓から1分置きに・・・
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。