さて35℃超えで夏真っ盛りです。
熱中症に気を付けましょう・・・
という声があちこちから聞こえてきます。

クーラーの効いた部屋にいて水分補給を
怠らない様にしましょう・・・などですね。

それは確かにその通りではあります。

しかし・・・

夏は暑いから、暑さ対策=身体を冷やす
ということでもあります。

もともと冷え性の人(陽虚体質の人)では
その辺りに気を付ける必要があります。

クーラーの効いた部屋に一日中籠っていると
身体がすごく冷え込みます。

手足やおなかが冷えて全身が冷えて・・・

頭痛がしたりめまいがしたり、気分がすぐれなくて
元気が出ない・・・というような感じです。

特に夜間にクーラーをかけて寝ますと、身体を芯まで
冷やしこんでしまうことになります。

陰の時間帯(夜間)の睡眠(陰の状態)
寝具が薄着になっている(陽気が奪われる)
クーラーをかける(陽気を抑制させる)
陰陰陰陰の状態です。

そしてもともと陽気不足(陽虚)の人だと
これが体に堪えます。

典型的だと睡眠中の呼吸でクーラーで冷やされた
冷たい空気を吸い込むことによって鼻や気管や肺の陽気が
奪われて、鼻がグスグスしたり鼻づまりになったり
のどで痰がゴロゴロしたりします。

よりひどい場合は喘息発作のようなことも起こり得ます。

朝起きたときにくしゃみや鼻水に悩まされる場合も
あります。

暑いから日中に、そして風呂上がりや就寝前に冷たい飲み物や
アイスクリームなどを摂取するなどが多くなります。

このような生活習慣が増えて夜間クーラーで冷やしますと、
熱中症どころじゃなくて陽気損傷することの方の懸念が
大きくなります。

暑いから、冷やす→陽気が奪われる
という問題ですね。

肺が冷えて、胃腸が冷えて、皮膚や筋肉や関節が冷えて
肝腎が冷えて、全身が冷える・・・

胃腸が冷えますと、食欲が低下したり、ひどいと
吐き気や嘔吐、下痢などが起こります。

筋肉が冷えますと、筋肉がつる(こむら返り)が
起こるようになります。特に夜間~朝方に筋肉がつります。
頭痛、肩こり首コリ背中の凝りも多くなります。

関節が冷えますと関節痛、神経痛などが起こります。
ひざ痛、股関節痛、腰痛などです。

痛みは「不通則痛」原則で起こります。

皮膚表面や筋肉や血管が冷えますと組織はみなぎゅーっと
縮こまります。冷やすと収縮、温めると膨張は物理的原則ですね。

ぎゅーっと縮こまりますと、筋肉がつるという現象が起こります。

筋肉が縮こまりますと、筋肉が硬く収縮して頭痛肩こり背中のこり
関節の可動が悪くなって寝違える、それ以上動かせないなどが
起こります。

最悪、身体の深部まで冷え込みますと、心臓が冷えて心筋梗塞を
起こしたり、脳梗塞を起こすということになります。

当然、ぎゅーっと縮こまりますと、不通状態となりますから
強い痛みも発生します。

女性では子宮や卵巣が冷えて、不妊や不育症の原因となります。

ぽかぽか温かい状態じゃないと新たな生命を宿したり発育させたり
することができません。

生理痛が強くて、レバー状の塊が出る・・・このような女性は
血が冷え固まっていますので、血を温めて血流を改善させて
あげないといけません。

以上のように真夏であるからこそ、冷やす生活習慣が増えて
身体の陽気大きく奪われてしまうような人が多くみられます。

夏は熱中症対策も必要ではありますが、逆に冷やしこんでいる
人も多いので注意が必要です。

特に自分は冷え性体質だ・・・と思われている方は真夏でも
冷たい飲食物の摂取は控えめにして火を通したものを摂取する。
一日中クーラーの効いた部屋にいることはしない。

朝夕の日差しが柔らかい時間帯に・・・
足裏、足全体、腰、おなか、などに直射日光を当てる(日光浴)
などで陽気を補充することこそが大切だと考えます。

ただし直射日光に当たるとダメな体質の人は気をつけてください。
NEXT Entry
よく受けるご質問についてお答えします。
NEW Topics
排卵障害を起こしている原因として・・・多嚢胞性卵巣症候群(PCO)というのがあります。卵胞の周りにべたべたした汚れが溜まってしまって殻が硬く肥厚してしまい殻を破って排卵することが出来ません。このような卵胞が数珠玉のように沢山出来て卵巣内部に存在しています。痰湿汚れ・湿熱汚れ・瘀血汚れ・寒凝固汚れ など種々の汚れが卵胞の周りに著中停滞してしまっています。したがいまして・・・これらの汚れを除去する方剤を使って継続的にアプローチをする必要があります。
卵巣がしっかり働いて卵胞を大きく成長させ正常に排卵させるためには・・・腎精が充足していることは必須です。そして脳から送られてくるホルモン情報の伝達に問題がないことも必須です。腎精を充足させるためには後天の精の補充が欠かせません。後天の精をしっかり補充するためには脾胃の働きがしっかりしていることが必要です。ホルモン情報の伝達に問題がある原因は精神的ストレスが溜まる=気血の流通が止まる→ホルモン情報がしっかり伝達されない。それから血液やリンパ液が汚れてよどんで流れが悪い状態になるとホルモン情報伝達に問題が生じます。血液やリンパ液を汚す原因は毎日の飲食生活の偏りです。こってり濃厚なものの摂取が多いと血液やリンパ液がドロドロ汚れてしまいます。漢方的アプローチとしては、①腎精の補充②気血の補充③脾胃の働きを活性化させて後天の精の生成力を強くする④精神的ストレスの開放(肝気鬱結の開放)⑤血液やリンパ液の汚れを除去する(食滞・痰湿・瘀血の除去)身体の陽気のパワーが弱くて冷える傾向にある場合は、陽気補充、身体で炎症が起こっていて熱っぽい場合は、清熱して炎症をとる・・・などお一人お一人の身体状況を見極めてしっかり排卵できるようにアプローチします。
妊活にとって大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。そしてさらにめでたく妊娠出産授乳子育てという段になっても大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。元気な赤ちゃんを出産して、出産後のお母さんも元気はつらつと授乳子育てが出来るということがとても大切なことです。そこのポイントに腎精の充足は欠かせません。産後うつ・産後に元気がでない・頭が空虚に感じてふらふらする・不眠・歯ががたがたしている・髪がパサパサして抜け毛が増える・目が弱ってチカチカまぶしい などは腎精の不足消耗が原因です。
「Tash Sultana」すごいアーティスト発見 ユーチューブ
妊娠するためには正常に排卵していることは必須条件です。視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)とホルモン分泌連携が問題なく行われていますと排卵障害起こりません。①視床下部②下垂体③卵巣④卵胞膜 以上4つのポイントのどこかに異常が発生しますと正常な排卵が妨げられて排卵障害が起こります。①視床下部②下垂体 は脳の問題です。脳は「髄海」と言われます。腎精から髄が生じて髄は骨を滋養しています。そして髄が集まって「髄海」となります。脳「髄海」をしっかり機能させるためには、腎精が充足していることが大切です。そして腎精を充足させるためには後天の精をしっかり産生させることが大切です。後天の精は脾胃の働きによって生成されます。排卵障害が起きている場合は、脾胃、腎精、気血、肝の疎泄などに介入してホルモン分泌連携を正常化させるようにアプローチします。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

桜の気の下で

Author:桜の気の下で
兵庫県たつの市神岡町にて漢方専門薬局を開いています。
(そうめん資料館)そうめんの里のすぐ近くです。
さくら薬局
℡0791-65-2107
マウスオン→ 




さくら薬局ホームページへ移動する

カテゴリ
最新記事
かわいい「ハムちゃん」
上の窓から1分置きに・・・
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top