FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はこの冬一番の寒さになっています。
日本海側の地方では積雪もこの冬一番じゃないでしょうか。

さくら薬局が立地している場所でもうっすらと雪化粧の
景色になりました。

こういう寒い日は、
鍋料理などを食べると体がホカホカ温まって良いですね。
冬の寒さを吹き飛ばすには鍋料理は最高です。

すき焼き、しゃぶしゃぶ、水炊き などなど
おいしい鍋料理がいっぱいありますね。

ところが・・・

近所のおうどん屋さんにお昼を食べに行くことが
あって私はもちろん当然、温かいあつあつの
おうどんを注文して食べています。

胃袋が温まって、そして全身があたたまって
ほかほかになっておいしかった~~になります。

しかし・・・

他の食べに来ている人たちの注文している様子が
目に留まり耳に入りするのですが、どうも変だなぁと
思うことが大変多いのです。

この寒い時期なのに、「冷たいぶっかけうどん」を
注文していて、いっしょに食べてるのが海鮮丼だったり
というような内容が結構多く目に留まります。

この寒い冬場に、「冷たいぶっかけうどん」を食べて
そして生魚が乗った海鮮丼を食べて・・・
それで体が喜んでいるのだろうか?
と思ってその様子を見ています。

何を食べようが人の勝手だろう・・・ということでは
あるのですが、こんなのを食べてちゃ身体が冷えて
体調を悪くする危険性が大なのにと思ってしまいます。

寒い時期であっても外食で冷たいものを注文するような人は
おそらく家で食べるときも無頓着で、生ものを食べたり
冷たいものを平気で食べたりしているのだと思います。

冷たい物を飲食することで胃腸が冷えてしまって
体調を悪くするなどという思考は全くないのでしょう。

仕事柄、不妊や冷え性、神経痛などのご相談をたくさん受けます

そして、そういう人は毎日飲食するものに無頓着で
生ものや冷たい物を常食している人がとても多いのです。
飲み物でもビールやスムージーなど冷たい飲み物を
ガブガブ飲んでいる人がとても多いのです。

当然そういう人は胃腸の調子を悪くしていて・・・
食欲が減退していて、胃痛腹痛、吐き気、ガスがたまる
などの状態になっています。

消化吸収は食べたものを燃焼させて消化吸収しているの
ですから、しっかり燃焼できる状態にしてあげる必要が
あるのです。

胃腸の陽気を守ってあげる必要があるということです。

温かいホカホカの飲食物であれば胃腸の陽気はしっかり
守られます。ですから消化吸収もしっかりできて
胃腸が喜んで、身体に必要なエネルギーや栄養もしっかり
生成されます。

しかし・・・

冷えた食べ物や飲み物、生のもの などを飲食していますと
胃腸の陽気を守ることが出来ません。

逆に胃腸の陽気が奪われてしまって胃腸が動かなくなって
しまいます。

胃腸はとても大切な臓器です。

食べることで生命を養っています。
食べることで生きてゆくことができるのですから。

食べることを間違いますと、生命を養うことが出来なく
なります。

そういう人がとても増えてるように思います。

ですから、食べ間違いをしている人は
必ず胃腸の調子を悪くしています。

胃腸の調子を悪くすると、不妊や不育症となりやすいです。

生命力が低下してしまいますので・・・

胃腸が冷えて本来の働きが出来なくなると、
エネルギーや栄養を産生することが出来なくなり
生命力がどんどん低下することとなります。

生きている=燃焼していることです。

良い状態で生涯にわたって燃焼が持続できるように
することが健康を維持するうえでとても大切なのです。

それには胃腸の陽気を大切に守ってあげることが
必要不可欠なのです。
NEXT Entry
「急に眼がコロコロして涙が流れ落ちて困っています、頭もぎゅっと締め付けられるように痛くなっています、どうしたら良いでしょうか?」という内容の電話が入りました。瞬時に判断して「それはここ数日急激に寒くなっているので頭顔面部が冷えちゃって、そのような症状が発現しているので、身体をしっかり温める、これこれの方剤をすぐに服用してください」ということをお話して電話を切りました。翌朝、一番に来店されて、昨日、言われた通り服用したら、症状がすぐに改善されたとのことでした。冬場は寒邪の襲来で種々の症状が起きやすいのです。頭痛、眼痛、肩こり、神経痛、涙が流れ落ちる、鼻水がたらたら流れ落ちる、むくみ、ひざに水が溜まるなど 急激に冷やされて筋肉がぎゅっと収縮して気血の流通が悪くなる、水蒸気状態に気化されている水液が冷やされて水滴になって流れ落ちたり貯留したりする などです。しっかりと温める方剤を組み合わせて対応しますと、改善されることが多いです。
NEW Topics
排卵障害を起こしている原因として・・・多嚢胞性卵巣症候群(PCO)というのがあります。卵胞の周りにべたべたした汚れが溜まってしまって殻が硬く肥厚してしまい殻を破って排卵することが出来ません。このような卵胞が数珠玉のように沢山出来て卵巣内部に存在しています。痰湿汚れ・湿熱汚れ・瘀血汚れ・寒凝固汚れ など種々の汚れが卵胞の周りに著中停滞してしまっています。したがいまして・・・これらの汚れを除去する方剤を使って継続的にアプローチをする必要があります。
卵巣がしっかり働いて卵胞を大きく成長させ正常に排卵させるためには・・・腎精が充足していることは必須です。そして脳から送られてくるホルモン情報の伝達に問題がないことも必須です。腎精を充足させるためには後天の精の補充が欠かせません。後天の精をしっかり補充するためには脾胃の働きがしっかりしていることが必要です。ホルモン情報の伝達に問題がある原因は精神的ストレスが溜まる=気血の流通が止まる→ホルモン情報がしっかり伝達されない。それから血液やリンパ液が汚れてよどんで流れが悪い状態になるとホルモン情報伝達に問題が生じます。血液やリンパ液を汚す原因は毎日の飲食生活の偏りです。こってり濃厚なものの摂取が多いと血液やリンパ液がドロドロ汚れてしまいます。漢方的アプローチとしては、①腎精の補充②気血の補充③脾胃の働きを活性化させて後天の精の生成力を強くする④精神的ストレスの開放(肝気鬱結の開放)⑤血液やリンパ液の汚れを除去する(食滞・痰湿・瘀血の除去)身体の陽気のパワーが弱くて冷える傾向にある場合は、陽気補充、身体で炎症が起こっていて熱っぽい場合は、清熱して炎症をとる・・・などお一人お一人の身体状況を見極めてしっかり排卵できるようにアプローチします。
妊活にとって大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。そしてさらにめでたく妊娠出産授乳子育てという段になっても大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。元気な赤ちゃんを出産して、出産後のお母さんも元気はつらつと授乳子育てが出来るということがとても大切なことです。そこのポイントに腎精の充足は欠かせません。産後うつ・産後に元気がでない・頭が空虚に感じてふらふらする・不眠・歯ががたがたしている・髪がパサパサして抜け毛が増える・目が弱ってチカチカまぶしい などは腎精の不足消耗が原因です。
「Tash Sultana」すごいアーティスト発見 ユーチューブ
妊娠するためには正常に排卵していることは必須条件です。視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)とホルモン分泌連携が問題なく行われていますと排卵障害起こりません。①視床下部②下垂体③卵巣④卵胞膜 以上4つのポイントのどこかに異常が発生しますと正常な排卵が妨げられて排卵障害が起こります。①視床下部②下垂体 は脳の問題です。脳は「髄海」と言われます。腎精から髄が生じて髄は骨を滋養しています。そして髄が集まって「髄海」となります。脳「髄海」をしっかり機能させるためには、腎精が充足していることが大切です。そして腎精を充足させるためには後天の精をしっかり産生させることが大切です。後天の精は脾胃の働きによって生成されます。排卵障害が起きている場合は、脾胃、腎精、気血、肝の疎泄などに介入してホルモン分泌連携を正常化させるようにアプローチします。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

桜の気の下で

Author:桜の気の下で
兵庫県たつの市神岡町にて漢方専門薬局を開いています。
(そうめん資料館)そうめんの里のすぐ近くです。
さくら薬局
℡0791-65-2107
マウスオン→ 




さくら薬局ホームページへ移動する

カテゴリ
最新記事
かわいい「ハムちゃん」
上の窓から1分置きに・・・
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。