ニキビについて引き続き述べます。

★盛り上がりのある赤いニキビが次々に出来る。

★芯があって圧迫すると白い塊が出てくる。

★ニキビが化膿する(痛い・痛痒い)

★ニキビ跡が赤黒くなって消えずに残る

★新しいニキビが次々に出来る

★しいニキビと古いニキビ跡が混在している

以上は重度のニキビの状態です。

ニキビを改善させるポイントは・・・

熱盛体質の改善にあるということをここのところ
連続して述べています。

熱盛体質になっていると・・・マグマ噴火のように
赤く膨らんだ盛り上がりのあるニキビが次々出来ます。
そして、化膿して、ニキビ跡が赤黒く残ります。

ニキビはすなわち身体にこもっている熱毒をニキビの形で
放散(発散)している状態なのですが・・・

放散してもしても過剰な熱が次々に生み出されるために
ニキビが次々に出来て消えることがない状態になって
いるのです。(マグマ噴火が連続して起きている状態です)

そして・・・

どうして熱盛体質になっているのかについて連続して
述べています。

①遺伝的な体質の問題
(ご家族は同じ環境で過ごしていて飲食内容も似ている)

②高カロリー食(熱量の強いもの)あぶらっこいもの
 ピリ辛系のもの、味の濃い物などを嗜好している人が
 多いということです。

高糖質、高たんぱく、ベタベタ油っこい、激辛 
などを嗜好して摂取が多い・・・

③精神的ストレスをため込んでいる
(交感神経が亢進してしまってオーバーヒートしている)
この状態を肝鬱化火といいます。
パソコン使用などで長時間同じ姿勢で仕事をしている
この状態も肝鬱化火を強くめてしまいます。

次に問題なのは・・・

夜型の生活スタイルになっていることです。

夜遅くまで起きていてスマホを見ていたりパソコンを
使用していたりなんだかんだとずるずる遅くまで
起きている。

就寝時刻が1~2時くらいになっている。

このような生活スタイルになっている人が結構
多くいらっしゃるのではないでしょうか。

起きて活動していることは・・・

すなわち陽的神経が活動状態になっています。
活動は陽です。睡眠は陰です。

そして・・・

睡眠は22~2時の間に就寝している必要があります。

陰の時間に陰の状態のなっている必要があるのです。

眠ることで陰のチャージが出来るのです。

日中の活動によって消耗した陰を睡眠によって
チャージして次の日の活動を支えるのですが・・・

夜型の生活スタイルが続きますと・・・
陰チャージが十分にできなくなって陰が減った
状態になります。

陰は陽を鎮静化させる働きを持ちますので、
陰が消耗しますと陽は亢進してゆきます。

ラジエターの水が消耗したような状態ですね。

ラジエターの水が消耗しますとエンジンはオーバーヒート
しやすくなります。

熱盛体質を形成する原因(①②③)があるために
それが陰を消耗させるという問題もあります。

過剰な熱を産生させてしまい、過剰な熱が
陰を消耗させてしまっている。

そこにさらに、睡眠不足が加わると陰の消耗が
増長されることになります。

陰の時間帯にしっかりと睡眠を取るということは
熱盛体質にならないためにも大切なポイントです。

しかし・・・

熱盛体質が強くなりますと陽的亢進が激しいために
陰陽チェンジが出来なくなってしまうこともあります。
すなわち不眠になるということです。
寝つきが悪い、寝ても何度も目が覚める
怖い夢にうなされて起きる などです。

こういう状態になりますと・・・

何らかのアプローチをしてあげないと
この状態からは抜け出せなくなります。

漢方的アプローチは・・・

陽の亢進を鎮静化させてあげる(清熱)
消耗している陰をチャージさせる(滋陰養血)

直接的に清熱することと同時に水液物質を補給する
ことで陽的亢進を鎮静化させてあげる必要があります。

減ってしまったラジエターの水を補給するという
イメージで考えると分かりやすいかと思います。

今回は陰が減ることによって陽が亢進してしまい、
それが熱盛体質を冗長させるという内容で述べました。

いろんな要素が影響して熱盛体質になってしまう
ということをご理解いただけたかと思います。

ただ単にニキビが出来ていると言っても・・・
種々の要素が絡み合った結果として熱盛体質となり
それがマグマ噴火を起したようになってニキビが
多発するということなのです。

したがいまして・・・

生活習慣の見直しは必須です。

生活習慣をしっかり見直した上で・・・

熱毒、湿熱、瘀熱 を清熱袪湿する
活血化瘀する。滋陰陽血する
など多角的にアプローチすることが必要です。

熱盛体質を変えない限りは根本的にニキビはなかなか
改善されないのです。
NEXT Entry
アトピー性皮膚炎は好発部位があります。曲げ伸ばしする部位(膝、肘、手首、手指関節)首周囲、耳周囲、肩背中胸部、下着(パンツ、ブラ)で絞めつられる部位、股周り、ぐるっとお中周り、ぐるっと胸部周り、顔面部などです。プツプツザラザラゴワゴワ、皮膚が硬く肥厚する、かくとパラパラ皮膚が落ちる、かきむしって汁が出る、かきむしって出血する、化膿する、熱感が急激に強くなってかゆみが急激に激しくなる、夜間にかゆみの波が来て何度も目が覚める、寝汗をかく・・・など多彩な症状が現れます。お一人お一人皮膚症状が異なります。次回以降さらにアトピー性皮膚炎について詳しく述べます。
NEW Topics
排卵障害を起こしている原因として・・・多嚢胞性卵巣症候群(PCO)というのがあります。卵胞の周りにべたべたした汚れが溜まってしまって殻が硬く肥厚してしまい殻を破って排卵することが出来ません。このような卵胞が数珠玉のように沢山出来て卵巣内部に存在しています。痰湿汚れ・湿熱汚れ・瘀血汚れ・寒凝固汚れ など種々の汚れが卵胞の周りに著中停滞してしまっています。したがいまして・・・これらの汚れを除去する方剤を使って継続的にアプローチをする必要があります。
卵巣がしっかり働いて卵胞を大きく成長させ正常に排卵させるためには・・・腎精が充足していることは必須です。そして脳から送られてくるホルモン情報の伝達に問題がないことも必須です。腎精を充足させるためには後天の精の補充が欠かせません。後天の精をしっかり補充するためには脾胃の働きがしっかりしていることが必要です。ホルモン情報の伝達に問題がある原因は精神的ストレスが溜まる=気血の流通が止まる→ホルモン情報がしっかり伝達されない。それから血液やリンパ液が汚れてよどんで流れが悪い状態になるとホルモン情報伝達に問題が生じます。血液やリンパ液を汚す原因は毎日の飲食生活の偏りです。こってり濃厚なものの摂取が多いと血液やリンパ液がドロドロ汚れてしまいます。漢方的アプローチとしては、①腎精の補充②気血の補充③脾胃の働きを活性化させて後天の精の生成力を強くする④精神的ストレスの開放(肝気鬱結の開放)⑤血液やリンパ液の汚れを除去する(食滞・痰湿・瘀血の除去)身体の陽気のパワーが弱くて冷える傾向にある場合は、陽気補充、身体で炎症が起こっていて熱っぽい場合は、清熱して炎症をとる・・・などお一人お一人の身体状況を見極めてしっかり排卵できるようにアプローチします。
妊活にとって大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。そしてさらにめでたく妊娠出産授乳子育てという段になっても大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。元気な赤ちゃんを出産して、出産後のお母さんも元気はつらつと授乳子育てが出来るということがとても大切なことです。そこのポイントに腎精の充足は欠かせません。産後うつ・産後に元気がでない・頭が空虚に感じてふらふらする・不眠・歯ががたがたしている・髪がパサパサして抜け毛が増える・目が弱ってチカチカまぶしい などは腎精の不足消耗が原因です。
「Tash Sultana」すごいアーティスト発見 ユーチューブ
妊娠するためには正常に排卵していることは必須条件です。視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)とホルモン分泌連携が問題なく行われていますと排卵障害起こりません。①視床下部②下垂体③卵巣④卵胞膜 以上4つのポイントのどこかに異常が発生しますと正常な排卵が妨げられて排卵障害が起こります。①視床下部②下垂体 は脳の問題です。脳は「髄海」と言われます。腎精から髄が生じて髄は骨を滋養しています。そして髄が集まって「髄海」となります。脳「髄海」をしっかり機能させるためには、腎精が充足していることが大切です。そして腎精を充足させるためには後天の精をしっかり産生させることが大切です。後天の精は脾胃の働きによって生成されます。排卵障害が起きている場合は、脾胃、腎精、気血、肝の疎泄などに介入してホルモン分泌連携を正常化させるようにアプローチします。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

桜の気の下で

Author:桜の気の下で
兵庫県たつの市神岡町にて漢方専門薬局を開いています。
(そうめん資料館)そうめんの里のすぐ近くです。
さくら薬局
℡0791-65-2107
マウスオン→ 




さくら薬局ホームページへ移動する

カテゴリ
最新記事
かわいい「ハムちゃん」
上の窓から1分置きに・・・
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top