FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続きアトピー性皮膚炎について述べます。

アトピー性皮膚炎という同じ呼び名の皮膚病であっても
漢方的に発症している根本原因を分析すると
発症原因が異なる場合が多々あります。

陽気不足の場合もあれば陰不足の場合もある
真逆の原因でアトピー背皮膚炎が発症している
ということです。

こういう場合・・・

当然漢方的アプローチが違ってきます。
こういうのを「同病異治」といいます。

こういうことは漢方的に分析すると皮膚病以外でも
よくあることです。

ここら辺りが西洋医学的な分析手法と最も異なる
ポイントになります。

西洋医学では「寒熱」の分析をほとんどしません。
そういう分析の仕方の発想自体がないということです。

東洋医学では最も基本的な分析手法として・・・
「寒熱虚実陰陽表裏」ということを重要視します。

そして・・・

アトピー性皮膚炎・・・というのは皮膚病ですが
皮膚病を発症させている本質的な根本原因は
皮膚にあるのではなくて脾や腎肝心肺などの
臓腑にあるということが重要ポイントです。

こういう分析の仕方も西洋医学で皆無です。

皮膚ばかり見て…ステロイド中心に塗り薬や
飲み薬を使っているのが現状です。

ということで・・・

さらにアトピー性皮膚炎を発症させている原因に
ついて考えます。

皮膚病は「湿疹」です。

動きの悪いねっとりベタベタした水液物質水湿(痰湿)が
皮下に貯留停滞してしまった結果として皮膚病が発生
するということです。

水湿(痰湿)が産生されてしまう原因として・・・

①脾腎肺の陽気不足(陽虚)のために水が水蒸気状態に
気化することが出来なくなって水湿(痰湿)が産生されて
しまう。

②肝腎肺の陰不足(陰虚)のために津液の粘性が増して
痰湿が貯留停滞してしまう。
陰が不足しますと陰を燃料として発生する気のパワーが
減弱するために津液の生成が悪化して水湿が産生されてしまう

という以上2つの原因についてこれまで述べています。

アトピー性皮膚炎がこれだけ増えたのはここ30年間
くらいのことです。

30年間くらいの間に急激に増えた皮膚病ということです。

そこで・・・

数十年の間に何が変わったか・・・よく振り返って考えて
みますと・・・

毎日食べたり飲んだりしている飲食物が激変していることに
気づきます。

昭和30~40年ころですと・・・

みそ汁・白ご飯・畑の野菜類・お漬物・焼き魚煮魚・豆腐
など いわゆる和食を食べていました。

飲み物はお茶です。

そして家でしっかりお母さんが手作りしていました。

現代はどうでしょうか・・・

しっかり手作りされているご家庭もあると思いますが・・・

簡単にコンビニで買ってくる、お惣菜を買う、レトルトや
加工食品で調理する、パン食にしている、外食する
間食が増えて、コーヒー、ケーキ、チョコレート、プリン
シュークリーム、ドーナツ、スナック菓子、
ハンバーガー、パスタ、生野菜、生魚

飲み物もお茶でなくて清涼飲料水・・・

お茶を急須で入れて飲んでいるご家庭はどれくらい
あるでしょうか?

というような感じになっています。

口にする飲み物食べ物が激変してしまっています。

日本人の胃腸は和食に合う胃腸です。

和食ならしっかり消化吸収できる胃腸です。
(しっかり火が通ったものに限ります。生食は×です)

ということです。

和食以外の変なと表現しておきます。
変な飲食物を毎日摂取していますと、食の滞りが
発生しますそして、ベタベタした痰湿が産生されて
しまいます。

日本人はもともと肌がきれいだと言われていました。
それは日本食(和食)を食べていたからですね。

飲食したものが血となり肉となり肌の栄養となります。

和食でない食生活をしていますと変な汚れた物質が
産生されて肌を汚すようになります。

そしてアトピー性皮膚炎です。

皮下にたくさんの老廃物をため込んでいる病ですね。

ということで・・・

毎日口にする飲み物食べ物が悪いために皮膚病を
引き起こしているということです。

ここ数十年の間の食の急変がアトピー性皮膚炎という
かつてはほとんどなかった皮膚病を発生させているのです。

ですから・・・

アトピー性皮膚炎をするに改善は飲食物の見直しが必須です。

漢方的アプローチでも・・・

皮下に貯留する老廃物をデトックスさせるような手法で対応を
考えます。

排便を促したり、排尿を促したり、毛穴から発散させてあげたり
貯留停滞している老廃物を綺麗に掃除してあげるような
アプローチで対応します。

10年以上にわたるような老廃物の蓄積になっていることが
ほとんどですので、それらを除去デトックスさせるには
それなりの日にちがかかることになります。

今回は・・・

毎日摂取する飲食物がここ数十年の間に急変したことが
アトピー性皮膚炎を引き起こしている原因になっている
ということで記しました。

次回もまたアトピー性皮膚炎について記します。
NEXT Entry
アトピー性皮膚炎を改善するには、アトピーが引き起こされている原因について理解しておく必要があります。今回は肝の疏泄作用の失調が関与するという内容で記します。水液流通や配分は肝の疏泄作用によってコントロールされています。精神的ストレスや女性の生理周期などの影響で肝の疏泄作用が失調して肝気鬱結→肝鬱化火という状態になることが多々あるのですが・・・その結果、オーバーヒートして鬱熱・湿熱・痰熱・血熱・瘀血 などの状態を引き起こしてアトピー性皮膚炎が発症するまたは悪化するなどがみられます。この状態は特に女性に多くみられる傾向があります。肝気鬱結の開放発散をさせてあげて、湿熱や痰熱の除去、血熱を冷ます、血流を改善する など多角的なアプローチが必要です。
NEW Topics
排卵障害を起こしている原因として・・・多嚢胞性卵巣症候群(PCO)というのがあります。卵胞の周りにべたべたした汚れが溜まってしまって殻が硬く肥厚してしまい殻を破って排卵することが出来ません。このような卵胞が数珠玉のように沢山出来て卵巣内部に存在しています。痰湿汚れ・湿熱汚れ・瘀血汚れ・寒凝固汚れ など種々の汚れが卵胞の周りに著中停滞してしまっています。したがいまして・・・これらの汚れを除去する方剤を使って継続的にアプローチをする必要があります。
卵巣がしっかり働いて卵胞を大きく成長させ正常に排卵させるためには・・・腎精が充足していることは必須です。そして脳から送られてくるホルモン情報の伝達に問題がないことも必須です。腎精を充足させるためには後天の精の補充が欠かせません。後天の精をしっかり補充するためには脾胃の働きがしっかりしていることが必要です。ホルモン情報の伝達に問題がある原因は精神的ストレスが溜まる=気血の流通が止まる→ホルモン情報がしっかり伝達されない。それから血液やリンパ液が汚れてよどんで流れが悪い状態になるとホルモン情報伝達に問題が生じます。血液やリンパ液を汚す原因は毎日の飲食生活の偏りです。こってり濃厚なものの摂取が多いと血液やリンパ液がドロドロ汚れてしまいます。漢方的アプローチとしては、①腎精の補充②気血の補充③脾胃の働きを活性化させて後天の精の生成力を強くする④精神的ストレスの開放(肝気鬱結の開放)⑤血液やリンパ液の汚れを除去する(食滞・痰湿・瘀血の除去)身体の陽気のパワーが弱くて冷える傾向にある場合は、陽気補充、身体で炎症が起こっていて熱っぽい場合は、清熱して炎症をとる・・・などお一人お一人の身体状況を見極めてしっかり排卵できるようにアプローチします。
妊活にとって大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。そしてさらにめでたく妊娠出産授乳子育てという段になっても大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。元気な赤ちゃんを出産して、出産後のお母さんも元気はつらつと授乳子育てが出来るということがとても大切なことです。そこのポイントに腎精の充足は欠かせません。産後うつ・産後に元気がでない・頭が空虚に感じてふらふらする・不眠・歯ががたがたしている・髪がパサパサして抜け毛が増える・目が弱ってチカチカまぶしい などは腎精の不足消耗が原因です。
「Tash Sultana」すごいアーティスト発見 ユーチューブ
妊娠するためには正常に排卵していることは必須条件です。視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)とホルモン分泌連携が問題なく行われていますと排卵障害起こりません。①視床下部②下垂体③卵巣④卵胞膜 以上4つのポイントのどこかに異常が発生しますと正常な排卵が妨げられて排卵障害が起こります。①視床下部②下垂体 は脳の問題です。脳は「髄海」と言われます。腎精から髄が生じて髄は骨を滋養しています。そして髄が集まって「髄海」となります。脳「髄海」をしっかり機能させるためには、腎精が充足していることが大切です。そして腎精を充足させるためには後天の精をしっかり産生させることが大切です。後天の精は脾胃の働きによって生成されます。排卵障害が起きている場合は、脾胃、腎精、気血、肝の疎泄などに介入してホルモン分泌連携を正常化させるようにアプローチします。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

桜の気の下で

Author:桜の気の下で
兵庫県たつの市神岡町にて漢方専門薬局を開いています。
(そうめん資料館)そうめんの里のすぐ近くです。
さくら薬局
℡0791-65-2107
マウスオン→ 




さくら薬局ホームページへ移動する

カテゴリ
最新記事
かわいい「ハムちゃん」
上の窓から1分置きに・・・
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。