FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引き続きアトピー性皮膚炎について述べます。

アトピー性皮膚炎は皮膚病ですが・・・
本質的な原因は皮膚にあるのではなく
身体内側の問題が皮膚病として現れているのです。

それについては前回までに詳しく記しています。

①胃腸や腎などの臓腑の陽気不足のために
 水が水蒸気の状態に気化されなくなって
 水湿(痰湿)が出来てしまう。

②肝腎の陰不足などのために潤い不足となって
 水液が濃縮されて水湿(痰湿)が出来てしまう。
※陰は燃料でもありますから陰不足のために
 機能が低下して津液がうまく生成されなくて
 水湿(痰湿)が出来てしまう。

③毎日の飲食の偏り
(生冷物摂取過多・肥甘厚味物摂取過多)によって
 水湿や痰湿を産生させてしまう。

④水液流通のスムーズな動きや必要な部位に水液を配分する
 などをコントロールしている肝の疏泄作用が失調してしまい
 痰湿が産生され貯留停滞してしまう。

以上の4つの問題についてこれまで述べました。

皮膚病の一般的呼称は「湿疹」です。

水湿の貯留停滞が皮膚病を引き起こしているということが
「湿疹」という呼称からもわかるわけです。

健常状態では、水液は陽気のパワーで水蒸気状態に
気化されて気体となって軽やかに全身をめぐります。

水蒸気状態になれなくてねっとりしたベタベタした液状状態に
なっている水液を「痰湿」と言います。

「痰湿」はねっとりベタベタしていて動きが悪く皮下の
あらゆる部位で貯留停滞します。

特に「関節部位」や首肩背中胸部、下着などで圧迫されている
股部位、ぐるっと胸周り、ぐるっとお中周り などでは

痰湿停滞が特に強くなりますので・・・
皮膚症状が強く現れます。

痰湿が停滞する部位では陽気の流通が阻害されて鬱熱が
発生しますので・・・

ジュクジュクた汁が出てだれる皮膚症状だけでなく
皮膚が赤くなる、赤い湿疹、皮膚が熱っぽい
熱で皮膚がカサカサゴワゴワ乾燥する、
痰湿が血流も阻害して皮膚が赤黒くなって肥厚する など
多彩な皮膚症状が混在して現れます。

皮膚熱が強いほどかゆみは激しくなります。
かゆみは波のように突然急激に強くなるという状態を
繰り返すことも多いです。

そして・・・・

アトピー性皮膚炎を引き起こす原因について
また別の角度から述べます。

皮膚は身体の最も外側にあって常に大気と接触しています。

空気環境は刻々と変化します。

冬は気温が低くそしてすごく空気が乾燥しています。
春や秋などは気温は上昇し空気はやはり乾燥しています。

しかし梅雨~夏になりますと・・・

気温は高く暑くなり、さらには湿度がぐんと上昇して
べたべたまとわりつくような感じになります。

そして・・・

空気には車の排気ガスなどの汚染物質やPM2.5や黄砂やら
何やらと・・・
皮膚を刺激するような物質も含まれています。

身体の最も外側にある皮膚は上記の種々の状態にあって
変化する大気に常に接触状態にあります。

アトピー性皮膚炎などの皮膚病の皮膚はバリア力が低下
していますので、接触する大気の状態によっては
それの影響をもろに受けてしまって、皮膚症状を
悪化させてしまうということが起こります。

漢方では外的な病理因子を「風・寒・暑・湿・燥・火熱」の
6つに分けて考えています。

冬は風寒・春は風熱・梅雨~夏は暑湿、秋は風燥などと
空気環境が変化します。

皮膚は常にこれらの空気環境の刺激を付け続けていますので
皮膚の敵効力が弱いと空気環境が皮膚症状を悪化させます。

冬は冷たい乾燥した空気ですので・・・
皮膚はひどく乾燥するということが起こります。

梅雨~夏は暑くてじめじめベタベタしますので・・・
皮膚がベタベタしてかゆくて汁が出るなどの状態が
強く現れます。

など空気環境の状態や変化が皮膚症状を悪化させたり
変化させたりということが起こります。

皮膚病を引き起こしてる本質的な原因は・・・
体の内側にあるのですが、空気を直接触れる部位ですので
空気環境の状態に左右されるという側面も出てきます。

実際のさくら薬局にお見えになられた方の例ですが・・・

手を中心に皮膚病「湿疹」が発生していたのが
乾燥した土地「欧州」に留学で1年間居住されていた時は
皮膚症状がほぼ気にならないレベルになっていたと
言われていました・・・しかし日本に帰国すると
以前と同じ状態の皮膚症状に戻ってしまった・・・

日本は温帯湿潤気候です。
暑くて湿気の多い国です。
ですので身体の外側から湿がまとわりつきますので
「湿疹」という皮膚状態にとっては良くない環境です。

「同気相求」と言って
身体内側の状態と身体外側の状態が同じような状態に
なってるとお互いに引きあって症状を悪化させる
ということになるのです。

ということで・・・

外側の空気環境の変化によって皮膚症状が引き起こされたり
悪化させられたりすることもあるということなのです。

漢方的アプローチとして・・・

冬場と夏場では対応の仕方を微調節して変化させたり
ということが必要なことも多いです。

そして・・・
お一人お一人の皮膚状態や身体内側の状態をしっかり
分析して見極めた上での対応が必要になります。
NEXT Entry
今回は趣味の話で記します。「ユーチューブ」で検索しますと、ほとんどのアーティストの動画が出てきます。これはすごいことです。かつてはコンサート会場とかに行かなければ知り得なかった情報がパソコンの前に座って検索するだけでじゃんじゃんいくらでも動画が出てくるのですから・・・これはすごいことですね。中学生のころ最初にはまった洋楽、イーグルス「ホテル・カリフォルニア」これのライブ動画ももちろん出てきます。イントロが渋くてメロディも良くてエンディングのしびれるツインリードも良い・・・いやぁ ユーチューブすごいぜ・・・
NEW Topics
排卵障害を起こしている原因として・・・多嚢胞性卵巣症候群(PCO)というのがあります。卵胞の周りにべたべたした汚れが溜まってしまって殻が硬く肥厚してしまい殻を破って排卵することが出来ません。このような卵胞が数珠玉のように沢山出来て卵巣内部に存在しています。痰湿汚れ・湿熱汚れ・瘀血汚れ・寒凝固汚れ など種々の汚れが卵胞の周りに著中停滞してしまっています。したがいまして・・・これらの汚れを除去する方剤を使って継続的にアプローチをする必要があります。
卵巣がしっかり働いて卵胞を大きく成長させ正常に排卵させるためには・・・腎精が充足していることは必須です。そして脳から送られてくるホルモン情報の伝達に問題がないことも必須です。腎精を充足させるためには後天の精の補充が欠かせません。後天の精をしっかり補充するためには脾胃の働きがしっかりしていることが必要です。ホルモン情報の伝達に問題がある原因は精神的ストレスが溜まる=気血の流通が止まる→ホルモン情報がしっかり伝達されない。それから血液やリンパ液が汚れてよどんで流れが悪い状態になるとホルモン情報伝達に問題が生じます。血液やリンパ液を汚す原因は毎日の飲食生活の偏りです。こってり濃厚なものの摂取が多いと血液やリンパ液がドロドロ汚れてしまいます。漢方的アプローチとしては、①腎精の補充②気血の補充③脾胃の働きを活性化させて後天の精の生成力を強くする④精神的ストレスの開放(肝気鬱結の開放)⑤血液やリンパ液の汚れを除去する(食滞・痰湿・瘀血の除去)身体の陽気のパワーが弱くて冷える傾向にある場合は、陽気補充、身体で炎症が起こっていて熱っぽい場合は、清熱して炎症をとる・・・などお一人お一人の身体状況を見極めてしっかり排卵できるようにアプローチします。
妊活にとって大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。そしてさらにめでたく妊娠出産授乳子育てという段になっても大切なポイントは腎精を充足させてあげることです。元気な赤ちゃんを出産して、出産後のお母さんも元気はつらつと授乳子育てが出来るということがとても大切なことです。そこのポイントに腎精の充足は欠かせません。産後うつ・産後に元気がでない・頭が空虚に感じてふらふらする・不眠・歯ががたがたしている・髪がパサパサして抜け毛が増える・目が弱ってチカチカまぶしい などは腎精の不足消耗が原因です。
「Tash Sultana」すごいアーティスト発見 ユーチューブ
妊娠するためには正常に排卵していることは必須条件です。視床下部~下垂体~卵巣(卵胞)とホルモン分泌連携が問題なく行われていますと排卵障害起こりません。①視床下部②下垂体③卵巣④卵胞膜 以上4つのポイントのどこかに異常が発生しますと正常な排卵が妨げられて排卵障害が起こります。①視床下部②下垂体 は脳の問題です。脳は「髄海」と言われます。腎精から髄が生じて髄は骨を滋養しています。そして髄が集まって「髄海」となります。脳「髄海」をしっかり機能させるためには、腎精が充足していることが大切です。そして腎精を充足させるためには後天の精をしっかり産生させることが大切です。後天の精は脾胃の働きによって生成されます。排卵障害が起きている場合は、脾胃、腎精、気血、肝の疎泄などに介入してホルモン分泌連携を正常化させるようにアプローチします。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

桜の気の下で

Author:桜の気の下で
兵庫県たつの市神岡町にて漢方専門薬局を開いています。
(そうめん資料館)そうめんの里のすぐ近くです。
さくら薬局
℡0791-65-2107
マウスオン→ 




さくら薬局ホームページへ移動する

カテゴリ
最新記事
かわいい「ハムちゃん」
上の窓から1分置きに・・・
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。